子供の頃、カレンダーや日記帳に車のスタンプを押したことがある、という人も多いことでしょう。車のスタンプはファンシーなものが多く、ただ押すだけでも楽しいものですよね。実はスタンプだけではなく、車をデザインした印鑑もあることはご存じですか?車の印鑑は実際に認印として使用できるため、愛用する人も増えてきているのです。

そこでこの記事では、車の印鑑の特徴や購入方法などについて詳しくご紹介します。


車の印鑑とは

車の印鑑とは、車がデザインされた印鑑のことです。車のスタンプとは別のものであり、実名が彫られていれば認印としても使用できます。2次元キャラクターが塗装された車のことを痛い車、「痛車」と呼びますが、これはそういったものの1つであるといえるでしょう。

なお痛い印鑑を意味する「痛印(いたいん)」という単語は、すでに登録商標となっています。トヨタの名車をデザインした印鑑は実際に人気となっていますし、日産自動車公認の「NISSAN痛印(いたいん)」というものも販売されています。

名前とともに愛車が彫られた印鑑は、車好きにはたまらないものかもしれませんね。

車がデザインされた印鑑は実印にできる?

車がデザインされた印鑑は、実印として使用できるのでしょうか?認印ならば大丈夫ですが、実印としては基本的に使用できません。実印とは役所に登録した印鑑のことであり、公的に認められたものです。実印が必要な場合としては、ローンを組むときや遺産相続をするとき、不動産を購入・売却するときや生命保険などに加入するときなどが挙げられます。

一般的に、高額な取引において使用されるのが実印です。契約者が本人であることを確認するためのものであり、契約時には実印とともに印鑑証明書が必要となります。実印として認められるためには、役所の規定をパスしなければなりません。

規定は自治体ごとに異なりますが、イラストが入った印鑑はNGとなるのがほとんどです。車の印鑑には車のイラストが入っているので、残念ながら規定を通らない場合が多いのです。今後、車の印鑑を実印として認める自治体が増えることを期待するしかありません。

車の印鑑やスタンプはどこで買える?

車のスタンプは100均やファンシーショップなどで購入できます。雑貨屋の中には、ハンドメイドの車のスタンプを販売するところもあります。街中のハンコ屋さんで買える場合もあるでしょう。ではスタンプではなく、車の印鑑はどこで買えるのでしょうか?車の印鑑を購入するのなら、ネット通販がよいでしょう。

車の印鑑を扱っている実店舗はさほど多くはなく、住んでいる地方にそういったお店がない場合には簡単には購入できません。その点ネット通販ならば、日本全国どこからでも注文できます。ほとんどのショップでは印影が確認できるので、自分のイメージと近い商品を探すのが簡単なのもよい点です。

またネット通販は自宅に居ながら複数のショップをチェックできるため、値段や送料、書体などを比較するのが容易です。実店舗の場合、商品を注文したり、受け取りにいったりする度にお店まで出向かなければなりません。

お店が近くにあるのなら別ですが、遠い場所にある場合には交通費もばかになりません。ネット通販なら自宅まで印鑑が届きます。わざわざ出かける必要がないということも、ネット通販の大きなメリットです。ただしネット通販には、商品が届くまで現物を確認できないというデメリットも存在します。

また送料もかかります。近くに車の印鑑を扱っている実店舗があるときには、そちらを利用するのもよいでしょう。

車の印鑑を扱っているネット通販ならここ!

車の印鑑を扱っているネット通販のおすすめは、「MONOIY」です。TOSYO株式会社が運営している印鑑ショップであり、HondaやSUBARU、日産や三菱などの車印鑑を購入できます。

各メーカーの名車が豊富に揃っており、愛車の印鑑が欲しいという人にとっては、理想的なショップだと言えるでしょう。1本あたりの価格は3,938円ですが、中には27,500円という印鑑セットもあります。

ちなみに【日産自動車】NISSAN GT-R 50th Anniversary 印鑑セットがその1例です。

特別仕様のチタンカーボン印鑑セットなので、手に入れたいという日産愛好者も多いことでしょう。ちなみに「痛印」という単語を商標登録しているのは親会社のTOSYO株式会社です。また、この会社は「痛印堂」というショップも経営しています。

痛印堂は自動車だけではなく、アニメやゲームなどのキャラクター印鑑も手掛けています。痛印に関するパイオニアなのが、TOSYO株式会社だというわけですね。先程のMONOIYではバイクや耕運機などの印鑑も扱っているので、そういった乗り物が好きな人にもおすすめです。

安い車印鑑なら、「雑貨屋TOBI」がよいでしょう。楽天市場に出店していて、1,650円で車印鑑を購入できます。車のイラストは数種類しかないものの、送料無料なので手軽に買えるのがよい点です。認印や銀行印として使用できるので、とりあえず車印鑑を試してみたい、という人には特におすすめです。

車に限らず、乗り物の印鑑を欲しい場合には「しにものぐるい」をチェックしてみましょう。可愛いイラストの印鑑を販売していて、1本2,800円で購入できます。ただし浸透印(シャチハタタイプ)なので、銀行印には使えません。

気軽に使えるチャチハタタイプの車印鑑が必要なら、このショップにしてみましょう。はんこのハンドメイドなら「minne」がおすすめです。ここなら車印鑑だけではなく、さまざまな車スタンプも購入できます。車印鑑としてはトラックの認印が用意されています。

1,980円で、シャチハタタイプです。また、トラクターやホイールローダーなどの印鑑もあります。

車のLINEスタンプも人気

車のスタンプは子供たちなどに人気ですが、大人の世界でも愛用している人たちがいます。どんなスタンプかというと、LINEで使えるLINEスタンプです。印鑑というわけではありませんが、車好きが日常で使うのに適したスタンプなのでここでご紹介します。

さまざまなタイプがありますが、洗車中や点検中などのスタンプは実際の行動を相手に知らせるのに役立ちます。また旧車のスタンプは、かつての愛好者には懐かしいのではないでしょうか。車のLINEスタンプにはコミカルなものも多く、車が好きな仲間たちとの親睦を深めるのにぴったりです。

現実社会では車印鑑を、SNSではLINEスタンプなどを使用し、車好きを表明するのもよいものです。

車の印鑑やスタンプで車好きをアピールしよう!

車の印鑑は目立ちます。車好きにはもちろん、他の人たちにとってもインパクトがあるのが車印鑑です。認印として使えますし、印影によっては銀行印にも使用できます。このように車印鑑は、普段使いもできるうえに個性もアピールできる優れものなのです。

車印鑑を扱うネットショップも増えてきており、身近な存在になりつつあります。この記事を参考に通販で車印鑑やスタンプを購入し、個性と車好きをアピールしてみませんか。