印鑑を制作する方の中に、通販サイトを利用するケースが増えています。印鑑を利用する機会は、多岐に亘っていきます。認印や銀行印、実印のように、数ある印鑑の中でも、小判型は印影が縦に伸びる点で高い人気を誇ります。

ここでは、小判型の印鑑を通販で制作する方に向け、通販業者の選び方、制作に際しての注意点を中心に解説していきます。


小判型印鑑の利用頻度は高い

小判型印鑑は、縦長の印面に名字を彫るタイプの印鑑です。認印と呼ばれる、日常的に使う印鑑は勿論のこと、銀行印から実印に至るまで、幅広く小判型印鑑は利用されています。印面が縦長なだけでは無く、サイズがコンパクトであるのも、小判型印鑑の特徴です。

仕事で扱う書類に、小判型印鑑を使って訂正することは珍しくありません。

持ち運びが便利な点があるため、会社員に広く利用されています。印鑑を制作する際には、機械彫りで作るか、手彫りで制作していくかで悩むものでしょう。コストを掛けること無く、スピーディに制作したい場合には、機械彫りが良いでしょう。

趣のある、自分だけの印鑑を作りたいのであれば、手彫りを用いる形になるのが一般的です。印鑑制作を行う通販サイトでは、両者の出来上がりの違いを、比較形式で紹介しているところも少なくありません。写真を交えて紹介するところも少なく無く、目視で確認しながら、自分に相応しい印鑑タイプを選んでいくことが可能となっています。

長きに亘って使う場合には、愛着を持てる印鑑であることも大切です。サンプルを参考にしながら、じっくり検討していくのが良いでしょう。

機械彫りと手彫りの違い

印鑑を制作する際に悩むのが、機械彫りで作るか、手彫りでの制作依頼をするかについてでしょう。両者を比較する際に、欠かせない部分となるのが、納期とコストになります。コンピュータを使って、決められた文字フォントを用いて掘っていく機械彫りでは、出来上がりまでに時間を要することはありません。

印鑑を制作するにあたっての費用も、少なく済むケースが殆どとなっています。会社に置いておく認印の類であれば、機械彫りであっても、問題が生じることは無いでしょう。手彫りで仕上げる印鑑の利点は、人の手により作られることによる、オリジナリティの高さになるでしょう。

長きに亘って使っていく印鑑は、味わい深いものであることが大切です。機械で掘っていく印鑑とは違い、文字一つ一つに味わいが浮き出てくるのが、手彫り印鑑の魅力です。手彫りで印鑑を制作する際には、どのような職人に頼むかで悩むものでしょう。

印鑑を製作する業者を扱っている、比較サイト上には、数多くの製作業者の紹介が行なわれています。過去の製作実績や、利用者の口コミを参考にしながら、自分に適していると思える制作業者を選んでいくのが良いでしょう。

印鑑に用いる素材

印鑑を制作する際には、素材に悩む方も少なくはありません。印鑑に用いられる素材には、安価なものから、高級感漂うものに至るまで、様々なものが提供されています。事務的に使うものであれば、アクリルを用いた合成素材であっても、問題は無いでしょう。

誤って紛失してしまっても、安価であるため、再度作ってもらうことを躊躇わないからです。銀行印や実印など、長きに亘って使う届け印の場合には、高級感を齎す素材で作っていった方が良いでしょう。印鑑に用いられる高級素材の代表には、水牛やチタンなどが挙げられます。

高級素材を用いた印鑑は、捺印性が高いだけでは無く、長きに亘って使える耐久性の高さがあります。銀行印や実印など、重要な書類に押印するタイプの印鑑は、印面が削れないものであることが重要となります。何年先になっても、変わらぬ照合が出来るように、堅牢な印鑑であることが欠かせないのです。

印鑑制作に掛かる日数

印鑑を制作する際には、どの程度の日数を要するかを気にするものでしょう。仕事上の都合で、急ぎで印鑑を制作する必要が生じた場合には、機械彫りのように、スピーディに作れるものの方が良いでしょう。余裕を持って制作できるのであれば、手彫りを使った、凝った作りの印鑑を制作していくのも良いものです。

多くの制作会社では、掘り方や素材に応じた、制作に要する概算日数をサイト上に記載しています。サイトを見ながら、自分が求めるタイプの印鑑を作るのに、どの程度の日数を要するのかを検討していくのが良いでしょう。

遠方にある制作会社の場合には、制作後の配送に多くの日数を要してしまうこともあります。有名な職人の方に掘ってもらっても、自分が求めるタイミングに、自宅に印鑑が届かなくては意味がありません。殆どの制作会社では、日数や制作費用についてを、前もって問い合わせることが可能となっています。

サンプルの印影を見ながら、自分に相応しいタイプだと判断出来た場合には、気軽に尋ねてみるのが良いでしょう。

印鑑制作に掛かる料金の支払い方法

印鑑制作に要する料金の支払いには、銀行振込以外にも、様々な方法が提供されています。他の通販サイトと同様、各種の決済サービスを利用することが可能です。手持ちの現金が少ないタイミングであっても、クレジットカードや代引きを活用すれば、求めるタイプの印鑑をスムーズに仕上げることが出来るようになっています。

法人で制作を依頼する場合には、請求書払いに対応してくれるところもあります。料金の支払い方法については、前もって確認しておいた方が良いでしょう。離島など、遠隔地の場合には、輸送費用が高額になることも有り得ます。

決済方法を含めた形で、事前に確認しておくことが大切です。

持ちやすい長さであることも大切

印鑑を製作する業者によっては、印鑑の長さを調整出来るところもあります。日頃から利用頻度が高い印鑑の場合には、持ちやすい長さであることも、制作を依頼するにあたっての重要な判断要素となります。一般的には、60ミリ程度の長さで作られているものが多く見られます。

自分が手に持った時のイメージを抱きながら、適切な長さの印鑑を制作していくことを心がけましょう。

小判型印鑑は幅広い用途で利用出来る

小判型印鑑は、認印から銀行印、実印に至るまで、幅広い用途で使うことが可能です。制作を依頼するにあたっては、機械彫りで作るか、手彫りで仕上げるかの検討を行うことも大切です。

制作に要する日数や、素材選びを含めた形で、事前に問合せを行うことを心がけましょう。制作会社によっては、サイト上に印影のサンプルを掲載しているところもあります。利用者の口コミを踏まえた形で参考にしていくのが良いでしょう。