• ゲーム
  • アニメ
  • プラモデル
  • マンガ
  • 通販

9/18 第25話のミッション『タンデムの港 防衛任務』

キョウジたちの罠にはまり負傷したヒカルが戻ってきた。診断の結果も問題なく、ウォータイムへと復帰した。ところが、コントロールポッドへと乗り込んだヒカルに異変が生じた。手足が震え、目眩が襲う。作戦ポイントへと降下させたバル・スパロスは、そのまま着地に失敗してしまった…。ヒカルは、一種のトラウマを抱えてしまったようだ。そこで、ヒカルは心の治療を行なうため、ワシの特別教練へ参加することとなった! その間、第1小隊はアラタとハルキでタンデムの港の護衛に就く!

<戦況・結果>

通称・猿田塾によるヒカルの特別教練が始まった。担当は、もちろんこのワシ。ヒカルをウォータイムへ参加できるように、心の治療を行なうことが目的だ。少々、荒療治だがな! ヒカルが不在の間、第1小隊はアラタとハルキの2名でタンデムの港の防衛に出動した。数日間、ひとまずどうにか防衛を果たしたアラタたち。ところがある日、タンデムの港に攻めてきたアラビスタのLBXを全滅させたかと思った瞬間、多数の増援部隊が送り込まれてきた! その数、30機以上! アラビスタが得意とする物量戦術だ。機体性能の差を数で補うアラビスタとの戦力は互角。必死で戦うアラタとハルキだが、一瞬の隙を突いてアラビスタが占領ポイントへ近づく! その時、空から降ってきたLBXが、アラビスタのLBXをブレイクオーバーさせた。ヒカルだ! ヒカルは、新LBXバル・ダイバーで次々と敵LBXをブレイクオーバーさせる。次の瞬間、バンデットのノイズが通信に入った。一切の迷いが無くなったヒカルのバル・ダイバーが、バンデットのゴルドーに突っ込んでいく! バル・ダイバーの速度に追いつけないゴルドーに、必殺ファンクション「ストームソード」が炸裂した!

バンデットのLBXはロストした。戦闘の本質とは、恐怖を乗り越えること。それを掴んだヒカルは、猿田塾を卒業し見事復活を果たした。猿田塾の弟子として、ヒカルに竹刀を渡そうと思ったのだが、それは拒否されてしまったな…。

 

 

次回10/9のミッションは、【番外編5】だ!!

 

ページの先頭ページへ

サイトの最初のページへ