• ゲーム
  • アニメ
  • プラモデル
  • マンガ
  • 通販

8/28 第22話のミッション『エルダシティ・ラボ護衛任務』

バンデットとの戦いで多くの戦力を失ったロシウスは、全軍の再編成にとりかかっていた。ジェノックも同様に、部隊の立て直しを急ぐ必要がある。アラタたち第1小隊のLBXはバンデットとの戦いで大破し、修理に相当の時間を要することが考えられる。そんな状況ではあるが、ハルキとヒカルはDCオフェンサーでウォータイムへ出動。アラタは、コントロールポッドで待機。ハーネスのラボでアラタの新型機を開発している間、ジェノックのラボを護衛することが今回の任務だ!

<戦況・結果>

ハーネスのラボでタケルが新型機の開発を行なう間、ジェノックのラボではサクヤがバックアップを始めた。ハルキとヒカルのDCオフェンサーが、ジェノックの護衛に就いていた。ところが、ハーネスのラボで作業を開始して間もなく、通信にあのノイズが聞こえてきた! またしても、バンデットだ! バンデットの狙いは、ハーネスのラボで開発していた新型機! このタイミングでバンデットが現れたとなると、情報漏れが考えられる・・・。必死に応戦するもののハーネスのLBXは、バンデットに次々とブレイクオーバーされた!ジェノック第2、第4小隊が援護に駆けつけるが一歩間に合わず、新型機が完成するその直前に、ラボが爆破されてしまった! さらに、グルゼオンがハーネスを攻撃し続ける! だが、バックアップデータをもとに、サクヤが動きだす。その間にも次々と撃破される仲間たち。そして、ついにはハーネスのカゲトラ、スズネ、ジェノックのユノ、キャサリン、ゲンドウだけになってしまった。その時、アラタの新型機“ドットブラスライザー”がグルゼオンの前に立ちはだかった!! そのパワーは凄まじく、新たに搭載された“ラグナロクフェイズ”による攻撃で相当なダメージを受けたグルゼオンは、そのまま撤退していった。

ドットブラスライザーは、バックアップデータを元にサクヤがジェノックのラボで完成させたようだ。備えあれば憂いなし、というやつだな。それにしても情報漏れとは、今後の作戦にも影響がでそうな深刻な問題だ。そして、撤退時のあのグルゼオンの動き、どこかで見たような気がするが・・・。

 

次回9/4のミッションは、『輸送列車 護衛任務』だ!!

ページの先頭ページへ

サイトの最初のページへ