• ゲーム
  • アニメ
  • プラモデル
  • マンガ
  • 通販

7/31 ドルドキンス大作戦【番外編3】

ギガントの壁攻略に成功したジェノックであったが、アラタはムラクから衝撃に事実を知らされた。それは、セカンドワールドの戦いがシミュレーションではなく、代理戦争として現実の世界と直結しているというのだ!

その真相を美都先生に確認しようとしたアラタだが、真実を教える代わりにくだされたミッションは、ハーネスとの同盟を成功させることだった! カギを握るのは、ハーネスの司令官“ドルドキンス”。アラタたちのドルドキンス探しが始まった! メンバーは、アラタ、ハルキ、ヒカル、サクヤ。そして、こういう話には必ず登場する第4小隊の面々だ!!

<戦況・結果>

ドルドキンスの通信を傍受したという音声データを美都先生から渡されたアラタたちは、その解析に取り掛かろうとする。ところが、純喫茶スワローの前を通りかかったアラタが、突然店内に入り、ハーネスの生徒に「ドルドキンスに会わせてくれ!」と頼み込んだ! 極秘任務と言われていたにもかかわらず、アラタのこの行動にハルキやヒカルも唖然とするばかりだ・・・。ハーネスの生徒の口は固く、ドルドキンスに関する情報は何も教えては貰えなかった。この一連のアラタの行動を見ていた者がいた。ユノだ。ユノに知られたからには・・・そう、第4小隊が首を突っ込んできたのだ! こうして第1小隊と第4小隊の共同ミッションが開始された訳だ。最初に目をつけたのはハーネスの担任である日暮先生だ。誰かと会う約束があるという日暮先生を尾行するものの、まんまと撒かれてしまう。しかし、その間にも音声データを解析していたサクヤたちが、ドルドキンスの居場所を突き止めた! 急いで、神威商店街の遊戯場へと向かうアラタたち。そこにいたのは、なんと美都先生と日暮先生、そして海道ジンだった!!

今回の極秘ミッションは初めから美都先生と海道ジンによって仕組まれたものだった。美都先生と海道ジンは密かに手を組んでいたのだ。これを公表し、正式にジェノックとハーネスは同盟を結ぶという。

ところで、なんとかミッションをクリアしたアラタは、美都先生からセカンドワールドの真実を教えられた。それを知ったアラタは今後、どんな気持ちでウォータイムに望むのであろうか。

 

次回8/7のミッションは、『デスフォレスト攻略作戦』だ!!

 

ページの先頭ページへ

サイトの最初のページへ