印鑑の取り扱いには注意が必要です。なぜなら、不動産登記など重要な書類に押すことが多いからです。特に、印鑑登録をした場合は金庫などに入れて厳重に保管しましょう。他者に悪用されるのを防ぐことができます。尚、印鑑は通販を利用して購入することが可能です。

即日発送に対応している通販もあります。これから印鑑と通販について説明します。

とても重要な印鑑の取り扱い

印鑑とは、本来はハンコを押した印影のことです。現在では、印鑑登録をしたハンコという意味で使われることが多いです。自治体に登録申請して、受理された印鑑は厳重に取り扱う必要があります。その理由は、登録した印鑑は不動産登記や車の売買、遺産相続など、重要書類に使用するからです。

他者に悪用される危険性があるので、金庫などに入れて大切に保管しましょう。尚、印影から印鑑を偽造されることがあるので要注意です。そのような事態を防ぎたいなら、簡単に手に入るハンコを印鑑登録するのは回避すべきです。

特に、スーパーなどで購入できる三文判は印鑑登録にふさわしくありません。

機械で生産されており、市場に大量に出回っているので、悪用される可能性が高いです。印鑑登録したくても、自治体で受け付けられない種類があるので気をつけましょう。ゴム印など、劣化しやすいハンコは印鑑登録として認められません。

また、ローマ字で名前を彫ったり、芸名や筆名などを使ったりした場合も印鑑登録することは不可能です。ほかに、外枠がないもの、印影が不鮮明なもの、規格外も印鑑登録できません。自治体によって、独自の規定を設けているケースもあるので事前に確認しておくことが大切です。

初めて申請する場合は、専門店で相談しましょう。

確実に受理される印鑑を作ってもらえます。

印鑑は通販で注文できる

印鑑を作りたくても、近くに専門店がないために困っている方もいます。そのような場合は、通販を利用しましょう。通販でも、印鑑を注文することができます。しかも、通販は品ぞろえが豊富で、選択肢が多いです。通販を利用すれば、お気に入りの印鑑が必ず見つかります。

偽造されにくい手書き文字の通販ならば、安心して注文できます。まずは、印鑑の素材を選びましょう。柘植や楓など、硬質な木を使った印鑑は人気があります。薩摩本柘は、伝統的な素材として有名です。黒檀や白檀、紅檀は銘木として知られており、印鑑の高級素材として認識されています。

ほかに、ナツメやアカネも植物系の素材です。また、琥珀や水晶、チタンも印鑑の素材として使用されています。印鑑を注文する前に、書体を決めておきましょう。印相体は文字の接点が多く、偽造されにくいところが特徴的です。

篆書体は古来から伝わる書体で、紙幣にも使われています。古印体は楷書に近く、日本独自の書体です。隷書体は、篆書体の簡易化です。行書体は楷書体を崩して、筆運びの効率性を高めています。楷書体は最も馴染み深い書体ですが、印鑑登録には向いていません。

書体の選び方に悩んだ場合には、メールなどで通販に問い合わせて相談しましょう。

通販は即日発送が可能

早く印鑑を入手したいなら、通販の即日発送が便利です。ただし、即日発送が可能な商品は限られています。どのような商品ならば、すぐに届けてもらえるのか事前に確かめておきましょう。さらに、クレジット決済のみなど、支払方法が限定されているので注意が必要です。

尚、天候悪化などが原因で、即日発送が不可能なケースがあります。

通販を利用するメリット

印鑑登録に適した印鑑のほかにも、通販ではたくさんのハンコを取り扱っています。日常的に使えるハンコも販売しているので、気軽に楽しみましょう。姓だけ彫ってあるハンコが一般的ですが、名前のハンコを作ることもできます。

名前のハンコは、結婚して姓が変わった後も使えます。愛着を持ちながら、長く使えるというメリットがあります。また、ローマ字のハンコを注文することも可能です。海外からの旅行者が、日本を訪れた記念に、ローマ字のハンコを作るケースが増えています。

ほかに、星や花など、イラストのハンコも通販で作れます。オリジナルのハンコが欲しいなら、通販で申し込みましょう。通販では、ネーム印とネームペンも販売しています。ネーム印とネームペンの特徴は、スタンプが本体に内蔵されていることです。

そのために、朱肉を使う必要がありません。押すだけなので、出席簿や宅配の受け取りなどに使用されることが多いです。ただし、印鑑登録をすることはできません。重要な書類に使うことも避けましょう。尚、詰め替え用のインクも通販で買うことができます。

インクが薄くなってきたら、早めに注文することがポイントです。インクは黒や赤、青や緑などを用意しています。気分に合わせて、インクの色を変えてみましょう。朱肉や印鑑ケースが欲しい場合は、通販で入手しましょう。

朱肉のサイズは、直径が40ミリから60ミリが一般的です。ふたの表面に、模様が描かれている朱肉もあります。また、捺印マットも購入すれば、印鑑を押しやすくなって便利です。印鑑ケースは、印鑑がぴったり収まるサイズを選択しましょう。

合成革の印鑑ケースは手触りがよく、人気が高いです。チタンは耐久性に優れており、床に落としても印鑑ケースが破損する心配がありません。ほかにも、木製やリネンなどの印鑑ケースが販売されています。カラーのバリエーションが豊富なので、好みで自由に選べます。

正式に注文する前に

購入したい印鑑が決まったら、必ず見積もりをお願いしましょう。朱肉や印鑑ケースなど、すべての代金を合わせた金額を提示してもらえます。また、完成した印鑑の到着日を知ることもできます。印鑑が届いたら、サイズと印影を確認することが大事です。

注文と違う場合は、早めに連絡をしましょう。返品や交換に応じてもらえますが、期日が決まっているので注意すべきです。印鑑の送料に関する規定が定められているケースもあります。

印鑑を作りたいなら

印鑑は身近なアイテムとして知られています。しかも、通販を利用すれば、誰でも気軽に作れます。薩摩本柘やチタンなど、印鑑の素材は種類が豊富です。即日発送が可能な印鑑もあるので、まずは通販に問い合わせてみましょう。

また、通販ではネーム印や朱肉、印鑑ケースなども取り扱っています。欲しいアイテムが決まったら、見積もりを依頼して金額を確認しましょう。