印鑑というもの、これ実は日本と韓国ならではの独特の文化なのです。なので基本、欧米の人たちには馴染みのない慣習でもありますね。しかし日本に住むそうした欧米の人たち、特に仕事をしている人にはこの印鑑というもの、必要になることもあるんです。

そんな時に、ローマ字での印鑑は作れるものでしょうか。また通販で手に入れることは可能なのでしょうか。それについて解説していきましょう。

海外では印鑑文化は無いもの?

印鑑文化発祥の地と言われるのは中国ですが、その中国でも個人で印鑑を使うということはまずありません。公印や企業印などはありますが、一般市民の場合サインで済ませることがほとんどなのです。中国でさえそうなのですから、もちろん海外において印鑑というものの利用は、まずないと言っていいでしょう。

欧米だけでなく全世界での印鑑文化、殆どないわけですから、海外の非印鑑文化圏から来た人の場合、まごついても当たり前ということになります。

日本在住の外国人の場合印鑑というものは

日本に在住している海外の人、印鑑文化のない国から来た人の場合でも、印鑑が必要になる場面というものはあります。しかし、日常に印鑑が必要なことは、サインが当たり前の国から来た人にとって、これは謎の習慣とも言えるんですよ。

とは言っても日本で暮らす以上、印鑑なしではやっていけません。日本で仕事をしている人、成年に達している外国人の人たちの場合、日本に長く暮らすには認印だけでなく実印、場合によっては銀行印も必要になるシーンというものはあるのです。

また、日本で会社を起こしたりする場合にも、企業印というものがこれまた必須になるのです。これらがないと仕事に支障をきたすどころか、日本での生活自体が難しくなってしまいます。郷に入れば郷に従えで、印鑑を用意しなければなりません。

ローマ字の印鑑を作る前に確認しておきたいこと

結論から言うと、ローマ字での実印の制作は可能です。しかしこれを登録しないと、当たり前のことですが実印としては認められません。なので実際に作って貰う前に、登録についても下調べをしておきましょう。実は漢字氏名でないローマ字の印鑑の場合、自治体によっては実印として登録ができないこともあるのです。

自治体によっては、カタカナなら実印登録可能だけど、ローマ字では不可というところもあります。実印登録をしたい地域の自治体で、まずはローマ字印鑑を実印登録出来るかどうかを、調べておきたいですね。実務的なこともですが、事前にデザインなどの好みについても、少々考えておきたいものです。

仕事相手に対して失礼のない書体やデザイン、でも堅苦しすぎないなど好みを反映させたいですね。なので印鑑を注文に出す前に、どういった書体で作ってもらうかも考えておきましょう。ローマ字印鑑の書体は、基本どの書体でも作ってもらうことは可能です。

店によって差はありますが、30文字程度まで入れることが可能です。いろいろな書体がローマ字でも選べますが、書体の中での人気はと言うと、古印体がトップになっていることを、付け加えておきましょう。

ローマ字やカタカナの印鑑を通販で手に入れられる?

では海外の名前や企業名をローマ字で、もしくはそれをカタカナで記した印鑑というものは、どこでも作れるのでしょうか。いわゆる認印のような、こう言ってはなんですが、遊び心で作る印鑑の場合は特に問題はありません。

ちょっとした印鑑ショップなら作ってくれるので、問題なく手に入ります。またポピュラーな名前なら、既製品でも見つけることが出来ます。しかし本格的な実印の場合はどうでしょう。流石に既製品では、見つかりませんね。

幸いこれも今では、印鑑制作専門ショップで作ってもらうことが可能です。特に仕事を手広くやっている通販でも受注可能な印鑑ショップなら、注文すればローマ字の実印でもカタカナの実印でも作ってもらえるのです。もちろん認印や銀行印の制作も、引き受けてもらえます。

実績のある印鑑ショップなら、書体なども豊富に用意されているので、好みに合った書体で制作がしてもらえますよ。検索で調べれば、こうした通販での受注可能な印鑑ショップで、ローマ字印鑑を扱っている店も多くヒットします。

これを利用しましょう。街なかにも印鑑ショップはまだ結構ありますが、近年減少傾向にあります。しかしネットでググれば、結構な数の印鑑専門店の通販がヒットします。通販ならわざわざ足を運ばずにも済みますし、サンプルも多く展示されていますので、好みの印鑑が見つけやすいですね。

ローマ字印鑑の通販での入手は、大変におすすめなのです。

ローマ字の実印や認印はだいたいいくらくらい?

サイン文化の海外の場合、つまりサインというのは自分でやるだけの無料のものです。契約でも、小切手の発行でも全てサインだけなので、印鑑を料金を払って作るということ自体、ちょっと抵抗があるかもしれませんね。しかしこれは日本で仕事をする、住む以上必須のものなので、ある程度の投資は覚悟しておきましょう。

さてどのくらいの金額を見込んでおいたら良いのかですが、正直ピンキリというしかありません。印鑑の値段は、彫りの状態や職人の腕によっても決まりますが、その素材に負うところが大きいのです。普段遣いの認印でも、素材によっては1万円を超えてきます。

かと思うと100円でも手に入れることができるんですね。ローマ字の場合は注文ということになるので、認印でも2000円程度は見込んでおくといいでしょう。実印の場合、長く日本に在住の予定があるのなら、それなりに良い品物を購入するのがおすすめです。

3000円から5000円くらいは、最低でも用意しておきたいものですね。1万円も出せば、かなりいい素材で彫りの状態もよく作ってもらえますよ。海外の人の場合、たかが印鑑にそこまでと言う考え方もあるでしょう。

しかし特に仕事上で使用する機会のある印鑑の場合、着ているものと同じで持ち主のランクが相手に察せられるということもあります。仕事をスムースに進めるためにも、ここでの出費はそこそこ見込んでおきたいですね。

ローマ字で印鑑を手に入れることについて

ローマ字の印鑑は、遊び心で手に入れるならともかく、日本在住する上で必要な認印や実印をと言う場合、それなりに良いものを手に入れることをおすすめします。

幸いなことに、今では印鑑ショップも多くネット通販を行っていますし、そうしたショップでローマ字印鑑を入手することも可能です。長く付き合うことになる印鑑を作るのですから、色々と比較して気に入った印鑑を手に入れてください。